トランクルームの効果的な使い方と注意すべきポイント

トランクルームの効果的な使い方をチェック!

小さな荷物でも大きな家電でも、一時的に預けられるのがトランクルームの大きなメリットです。

そこで、以下ではトランクルームの効果的な使い方を幾つか挙げてみました。

・自宅のクローゼットが狭い場合は冬物の洋服を収納する
・あまり使わない大量の本やCDをダンボールに入れて預ける
・扇風機や暖房具など季節ものの入れ替えとして使用する
・ゴルフクラブやスノーボードなどアウトドア用品を預ける
・リフォーム時の家財道具やスーツケースなど使用頻度が少ない物を置く
・引っ越し先が決まって荷物を運ぶまでの一時的な期間だけ利用する
・盗難のリスクを防ぐためにバイクの置き場所として利用する

「長期間に渡って保管する物をトランクルームの中に入れる」とイメージしている方は少なくありません。

確かに、季節ものやレジャーグッズの保管場所として使っている方は多いものの、屋外型であればバイクの置き場所としてもピッタリです。

・新品のバイクだから盗まれるのが怖い
・マンションの駐車場に置くと傷をつけられそう

このような時にトランクルームは大いに役立ち、個人のニーズに合わせた使い方ができます。

各種サイズの収納空間をリーズナブルな料金で利用したいと考えている方には、全国展開しているハローストレージがおすすめです。

セキュリティを重要視したハイグレードタイプの屋内型トランクルームと、出し入れがしやすい屋外型のトランクルームの2種類から自由に選べますので、是非一度ハローストレージを利用してみてください。

<<ハローストレージ>>

トランクルームを使う上で注意すべきポイント!

初めてトランクルームを使うという方は、どのように利用すれば良いのか迷っているのではないでしょうか。

以下では、トランクルームを使う上で注意すべきポイントをまとめていますので、契約する前にきちんと確認しておいてください。

・ロッカー感覚で使えるマンションタイプや大きな倉庫を仕切る倉庫タイプなど複数の種類があり、ニーズに合うトランクルームを選ぶ
・何を預けたのか分からなくなるのを避けるために、「旅行用品」「アウトドアグッズ」など種類に応じて預ける
・家族の誰でも自由に出し入れできるわけではなく、セキュリティの都合から登録者しか使えない
・有価証券や現金、腐りやすい食べ物など衛生上保管できないものがたくさんある
・湿度が高くなると変形したりシワができやすかったりという紙製品を預ける場合は注意する
・全てのトランクルームで24時間自由に出し入れできるとは限らない(荷物を出す際に手数料が発生するケースもある)

「屋内型のトランクルームは出し入れがしにくい」「屋外型は24時間出し入れが可能」といったように、種類によって使い方には違いがあります。

使用頻度が比較的高い荷物を出し入れがしにくい場所へと預けると後々に面倒ですので、契約前に本当に自分の利用方法に適しているのかどうかチェックしておきましょう。